製品導入事例

img-fj-110n2awpt

FJ-N2AWPT 導入事例|○○食品株式会社

2e7cd5b707d5dad36b184683b29abbae_l(※お客様の声リード文)
総合的なパフォーマンスが非常に高い。
顧客満足度が得られると感じ、
iFJ-N2AWPTの導入を決めました。

(※お客様紹介見出し)

地域に根ざした事業展開でBtoC市場を切り拓く食品会社

(※お客様紹介 本文)
群馬県前橋市を拠点にしている○○食品株式会社は、1950年代から和菓子屋洋菓子を数多く手がけてきた食品会社である。しかし1990年代に入って消費者にもデジタル化の波がやってくると、その需要に応えるために早くから機械化に対応。

2013年には工場を大幅リニューアルし、その後も品質安定化のため、FJ-N2AWPTを導入した。地域に根ざした事業展開でBtoC市場を切り拓き、消費者のニーズに応えつづける中で、同機導入に至った背景と経緯、その効果などについてお話を伺った。

(※※お客様の声)

FJ-N2AWPTを導入した経緯と選んだポイントを教えてください。

他社の機械も含めて検討しましたが、FJ-N2AWPTはGUIや使い勝手、生産性や機能や性能など、総合的に見てコストパフォーマンスが非常に高く、消費者からの顧客満足度も得られると感じたため、導入を決定しました。ライトモデルならではの投資対効果が非常に高いのがポイントで、品質面や細かい機能についてはあとで評価すればよいだろうと考えていました。

品質にはこだわりますので、導入前に出来上がった製品を確認したところ、品質がよく安定性に優れていましたし、機能面、性能面ともに満足のいく結果でした。生産スピードが速い点もポイントでした。

http://cweb.canon.jp/solution/ip/case/asahi/index.html